天満天神繁昌亭
天満天神繁昌亭 落語家名鑑

HOME
  上方落語家名鑑  
桂 春團治一門
桂 文枝一門
桂 米朝一門
笑福亭 松鶴一門
橘家 圓三一門
露の 五郎兵衛一門
林家 染丸一門
森乃 福郎一門
お囃子さん

 

林家 笑丸

笑丸
1.芸名/林家笑丸(はやしやえみまる)
2.本名/松崎 勝彦
3.生年月日/1974年 (昭和49)年 2月15日
4.出身地/大阪府交野市
5.血液型/B型
6.入門年月日/1998年 (平成10年) 4月「林家染丸」
7.出囃子/奴さん(前弾き)
8.紋/ぬの字うさぎ
9.趣味/マジック、大道芸、踊り、三味線、本の立ち読み
特技/ウクレレ
10.ホームページ/http://emimarurakugo.seesaa.net/
11.所属/よしもとクリエイティブ・エージェンシー
12.その他/京都産業大学経営学部卒
平成24年第2回繁昌亭ドリームジャンボコンテスト小枝杯6Rチャンピオン、平成23年第1回繁昌亭ドリームジャンボコンテスト小枝杯10Rチャンピオン、平成20年なにわ芸術祭新人奨励賞、平成18年落語家No.1決定戦初代チャンピオン受賞
主な会は「林家笑丸独演会」「元祖大阪名物あほの会」
笑いの多い「滑稽噺」や踊りが入る「音曲噺」、数多くの芸事を入れる独自の「演芸落語」を得意とし、滅んでいた噺の復活も手がけている。
明るく陽気な「落語130席」以外にも、笑丸創作音曲噺「ウクレレ落語」、紙を見ずに後ろで紙を切る「後ろ紙切り」、後ろ向きでお面をつけて踊る舞踊「後ろ面」等の多彩な芸を持つ。“滑稽さと様々な芸を持つ噺家”林家笑丸による落語、伝統芸、お笑い芸のステージは、全国各地の落語会や講演会、海外公演でも好評を博している。平成22年3月、「皆生温泉湯けむり大使」に任命された。
【朝ドラの演芸指導を担当】“落語で磨いた滑稽さをいかした様々な芸の名手”としても知られる事から“平成29年10月から放送、寄席の世界を描いた朝ドラ”NHK連続テレビ小説『わろてんか』の「後ろ面の踊り」等の演芸指導を担当。
※繁昌亭出演スケジュール[朝席・昼席・夜席]共に直近の日付を表示します
【朝席】2017年10月10日(火)

【昼席】2017年10月2日(月)
【昼席】2017年10月3日(火)
【昼席】2017年10月4日(水)
【昼席】2017年10月5日(木)
【昼席】2017年10月6日(金)
【昼席】2017年10月7日(土)
【昼席】2017年10月8日(日)

【夜席】2017年10月15日(日)
【夜席】2017年10月26日(木)

林家染丸一門家系図
師匠
染丸
染丸 染二    
  うさぎ    
  そめすけ    
  花丸    
  染雀    
  菊丸    
  竹丸    
  染左    
  笑丸    
  卯三郎    
  染太    
  染吉    
  愛染    
     
小染 小染 染八  
染語楼 染語楼 市楼  
ページの先頭へ戻る