瓦版

若手GP優勝の小鯛、NHK優勝の二葉が受賞ウィークへの思い語る

受賞記念ウィーク記者会見に臨む(左から)桂小鯛、笑福亭仁智会長、桂二葉=12日、天満天神繫昌亭

 第7回上方落語若手噺家グランプリ(アーツサポート関西助成)を制した桂小鯛さんの受賞記念ウィーク(24~30日)と、NHK新人落語大賞で女流初の優勝を果たした桂二葉さんの同ウィーク(31日~2月6日)を天満天神繁昌亭昼席で開くのを前に、12日、報道陣を前に受賞の喜びと意気込みを語りました。

 受賞記念ウィークのほか、副賞として繁昌亭と神戸新開地・喜楽館にそれぞれ隔月での出演権を獲得した小鯛さんは「優勝が自信につながりました」と嬉しそう。「三題噺王」を決める「落語とビジュアルアートのアニュアーレ」の予選ラウンド(昨年10月、決勝は2月19日繁昌亭夜席)も1位で通過するなど乗りに乗っている。上方落語協会の笑福亭仁智会長も「古典だけでなく、落語ファンを喜ばせる新作のセンスもある」と称賛。ウィークの27日はすでに完売です。

 通常の昼席では二番手を務めることが多いが、ウィークでは持ち時間がたっぷりある中トリを務める。「(前座ネタの)『時うどん』や『動物園』の呪縛からやっと逃れられます」と話し、報道陣の笑いを誘っていました。

 一方の二葉さんは、受賞後に海外メディアをはじめ取材や番組出演依頼が殺到。知名度は早くも全国を席巻する勢いです。同大賞では女流初の優勝ということで、今回の記念ウィークでは異例のトリに抜てきされました。すでに2月5、6日は完売。通常の昼席では、毎週水、土曜のみのライブ配信も本人の強い要望で毎日配信することにしています。

 仁智会長が、故桂米朝さんの著書『落語と私』にある、男性仕様の落語界で女性が演じる難しさを引用しながら、違和感なくお客様を引き込む二葉さんの表現力をたたえると、二葉さんは「私は男の人と同じやり方で賞を勝ち取った。女流という言葉を死語にしたいですね」ときっぱり。ウィークに関しては「楽しい1週間にしたい」と話していました。